Vertx Ready Pack 2.0を背負ってクロスバイクに乗ってみた感想


Vertx Ready Pack 2.0 One Size ブラック

お気に入りのバックパックVertx レディパック2.0を背負ってクロスバイクに乗ってみました。

Vertx レディパックの詳細レビューはこちら

Vertxのバックパックは米軍や警察も利用するアメリカのブランドなので堅牢さに定評がありますが、 それ故にバック自重も平均より重いです。

女の私が利用するにあたって重量が気になってはいたのですが、実用性や機能性を重視していたので購入することになりました。

コロナ禍のために飛行機にも乗っておらず出番がないので、先日クロスバイクでホームセンターに行った時に無理矢理使ってみました。

 

Vertx Ready Pack 2.0 を実際に使った感想

f:id:oclife:20200917210417j:plain

肉厚ハーネスのおかげで背負い心地はかなり良いです。タクティカル系のバックパックは生地に丈夫なコーデュラナイロン500以上が使われていることが多いので、いずれも自重がありますが、ハーネスもしっかりしているので背負い心地は快適です。

軽量バックパックは自重は軽くて良いのですが、軽量化のためにハーネスも薄くなっているので重い荷物を長時間背負っていると肩が痛くなる…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

使用用途と主に中に何を入れるかによって左右されるので、ご自身のライフスタイルや使用用途に合わせたものを買うのがベストでしょう。

Vertx Ready Packの背負い心地は、店頭で試着した限りでは「ミステリーランチ」の背負い心地に一番似ていました。ミステリーランチもミリタリー系なので納得です。

さて、Vertxに財布、水筒、スマホなど最低限のものを入れて、ホームセンターに買い物に行ってきました。

購入したものは

  • 犬のおやつ 500g ×2
  • 食器用洗剤 1380ml
  • 100均で買ったプラスチックケース

です。

割と嵩があり、重さは2.5kgといったところでしょうか。

Vertx自重は1343gなので、合計3.843g、これに水筒、財布、スマホなど所持品を加えて4.5kgくらいになりますでしょうか。

その状態で約6kmほど走行してみました。

荷物をバックに入れると結構な重さでしたが、背負うとあ~ら不思議、重さが気になりません。

それもこれも肉厚ハーネスとしっかりとした構造ゆえでしょうか。さすがミリタリー向けブランド。米軍兵士が身に着ける装具はかなりの重さになりますので、背負い心地は何より大事です。ハーネスが弱いと肩や腰に負担がかかり、痛くなってしまいますからね!

クロスバイクを走らせてみると・・・

あ~ら不思議、全然重いと感じない!!

肩が痛くなることも背中が痛くなることもなく、終始快適なライドでした。

少し汗ばむ季節になりつつあったので、背中に少し蓄熱は感じましたが、何より背負い心地の良さは特筆すべきものでした。背中にこうしっかりと背負っている感触があり、余計なところに負担がかからないといいましょうか。

というわけで、背負い心地に大変感心した次第であります。

f:id:oclife:20200917210647j:plain