G House

日米イイもの探訪、深堀りレビュー

Nomadicノーマディック二階建てペンケース PN-21はスリムなのに大容量

ノーマディック ペンケース 大容量 二階建て

「ノーマディック」ペンケース

Nomadicノーマディックのペンケースを購入した。

ペンケースを持つのは久しぶり。

ここ10年はすっかりオンラインに依存してしまっていたけれど、 やはり手で書くというのはいいものだ。

トラベラーズノート(感想)やロールバーンのノートに色々と書き留めたりしている。

手で書くと思考がより整理される。

 

 

Nomadic ノーマディック 二階建てペンケース PN-21

表地: 210Dナイロンリップストラップ

留め具の種類: ファスナー

寸法:タテ3.5cmxヨコ20cmxマチ9cm

重量:60g

Nomadicノーマディック二階建てペンケース(PN-21)青

Nomadicノーマディック二階建てペンケース(PN-21)

開閉はダブルファスナー。

コの字型に開くので見やすい。 

開いたところ。

蓋裏にはメッシュポケット付き。

細型の付箋やハサミ、線引きなどが入る。

但し、マチがないので残念ながらメイン室に入れている角型ポストイットはギリギリ入らなかった。

二階建て構造になっていて、上階に5本のペン刺しがある。

手前のペン刺しは太めの造り。

1Fの部屋

ここには映っていないが、小さいホチキスとテープノリ、スティック型ハサミを入れたがまだ余裕がある。

消しゴム部屋

右サイドに消しゴム部屋がある。ペンケース内でよく埋もれてしまいがちな消しゴムを入れれば、すぐに消しゴムを掴むことができて便利。

消しゴム部屋のスペースはある程度大きめなので、修正テープも一緒に入れてみたが問題なく入る。

トラベラーズノートのレギュラーサイズとノーマディック二階建てペンケース

サイズはトラベラーズノートのレギュラーサイズとほぼ同じくらい。

A4が入るフォルダーとノーマディックの二階建てペンケース

手に持ったところ。片手にすっぽり収まる。

実際にバッグに入れたところを見てみよう。

こちらはアークテリクスのインデックス15(15L)という小さめのリュックに入れたところ。

アークテリクスのインデックス15に入れたところ。細めなので小さいバッグの中でもかさばらない。

舟型ペンケースだとけっこう嵩張るけど、これなら嵩張らずに入れられる。

アークテリクスのインデックス15のフロントポケットにも入る。

同じ形で容量が少なく奥行が狭いpn-11というモデルもある。こちらも人気。

最低限の筆記用具を持ち運ぶならPN-11で大丈夫だろう。

 

私は主にこのペンケースを家で使う目的でハサミ、ノリ、ホチキス(超ミニサイズ)、修正テープ、セロハンテープをまとめて入れておきたかったのでPN-21を選んだ。